指導者紹介

元プロ野球選手・現役アスリート。野球を深く知り尽くしたコーチ陣による丁寧な指導が魅力です。

コーチ六角 彩子(ろっかく あやこ)

楠城 祐介

プロフィール:

小・中は男子の中でプレーし、主にレギュラーで主軸を任される。高校からは埼玉栄高校の女子硬式野球部に入部し、1年の春からレギュラーで出場。主将を任され、全国大会で優勝や準優勝に貢献。大学では理学療法を学びつつ女子硬式野球のクラブチーム「侍」で野球を続ける。主将を任され、クラブチーム選手権の優勝に貢献。2010年夏、第4回女子野球W杯に日本代表選手として出場し優勝に貢献。首位打者と大会MVPを授賞。また2012年夏、第5回女子野球W杯に日本代表選手として出場し優勝に貢献。最優秀守備選手賞を授賞。現在、第6回女子野球W杯にむけての日本代表候補生。

コーチからひとこと:

初めまして!六角彩子です。私は小学4年生から野球を始め、今でも女子硬式野球のクラブチームで野球を続けています。女子野球日本代表として国際大会に出場し様々な経験をしてきた中で、精神面・心の持ち方は身体面にも大きな影響を与えると考えています。野球が続けられる、野球がうまくなると言う根底には「野球が好き」という気持ちがあると思います。
大学では、野球をしつつ理学療法士の資格を取得し、より効率の良い体の使い方や障害予防、リハビリの知識を身に付けました。今までの野球で得た経験や知識を活かし、夢や希望にあふれる子ども達に野球の楽しさや成長する喜びを味わってもらい、夢の実現のサポートをして行きたいと思います。よろしくお願いします。

コーチ井上 雄介(いのうえ ゆうすけ)

プロフィール:

千葉経大附属高校では、シニア時代からのチームメイトである松本啓二朗と左右の投手の二枚看板を形成し、打線の中軸を担った。3年夏に甲子園に出場。3回戦ではダルビッシュを擁する東北高校を下している。 その後、進学した青山学院大学では投手として活躍。 2008年度ドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスに4巡目で指名され、入団。 楽天を退団後、アメリカのトライアウトリーグに参加し2014年に現役引退。

コーチからひとこと:

何事にも“わくわくする”ためには、挑戦することに始まり、さまざまな経験をして、 その経験から学んでいく事が大切だと私は考えています。 そのような『わくわくする気持ち』をサポートさせて頂きながら、今まで培った私の経験を未来ある子供たちに伝えていけるようにしていきたいと思っています。 よろしくお願い致します。